福島県市町村要覧2021
章

28 会津坂下町

コード番号 074217 類型 Ⅳ−1 

所在地/〒969−6592 河沼郡会津坂下町字市中三番甲3662番地
所在地標高/海抜 177.00m
TEL/0242−84−1503
FAX/0242−83−1361
URL/https://www.town.aizubange.fukushima.jp/
キャッチフレーズ/やっぱり“ばんげ”がいい!
         〜住み続けたい、やりたい事があふれるまち〜
花木鳥/菊 桜 うぐいす
PRキャラクター/バンビィ PRキャラクター

三役、議長・副議長

区分

氏名

任期満了日

町長(1期) 古川 庄平
(ふるかわ しょうへい)
令和7年6月15日
副町長 板橋 正良
(いたばし まさよし)
令和7年8月31日
議長 水野 孝一
(みずの こういち)
令和6年3月31日
副議長 青木 美貴子
(あおき みきこ)
令和6年3月31日

概要

(自然条件)
 本町は、会津盆地の西部に位置し、東部を阿賀川、西部を只見川が流れ、東に広がる平野部は標高170m前後の豊かな農地で、西部は標高300〜400mの山が連なる。気候は、夏は盆地特有の高温多湿、冬は積雪1mほどで季節感豊かな町である。

(産業・経済)
 基幹産業である農業は、恵まれた気候風土に培われ、米を中心に野菜・果樹の生産が盛んである。商業面では、国道49号沿線に大型店の進出が目立ち、工業面では、坂本工業団地をはじめ多くの企業が立地し、地元雇用の場の拡大が図られている。

(観光・文化)
 史跡「亀ヶ森・鎮守森古墳」をはじめとする、多くの古墳や、古来より仏教文化が栄えたことから、神社・寺院が点在している。また、堀部安兵衛の両親の墓、中野竹子の墓、春日八郎おもいで館、各種の温泉施設がある。

(伝統行事・伝統芸能)
 約400年の伝統をもつ「坂下初市奇祭大俵引き」(1月14日)、会津の三大田植えのひとつとして早乙女踊りが奉納される「御田植祭」(7月7日)、諏訪神社の例大祭として提灯行列、仮装山車コンクールが行われる「秋まつり」(9月第3土曜日・日曜日)がある。また、8月第1日曜日には、町の青年団体が中心となって「夏まつり」を開催している。

(特産品)
 醸造文化が栄える当町には、酒と味噌それぞれ3つの醸造元があり、その他にも馬肉(桜)の刺身、そば、むきくるみ、身不知柿などが有名である。野菜では、会津伝統野菜である“立川ごんぼ”があり、地域おこしに利活用されている。


R3年度重点事業

(震災以外)
○新型コロナウイルスワクチン接種事業

98百万円
○子育てふれあい交流センター事業
15百万円
○介護予防・地域での支え合い事業
5百万円
○公共下水道事業
129百万円
○「人の駅・川の駅・道の駅」活用事業
12百万円
○地域づくり推進事業
28百万円
○コミュニティセンター運営事業
29百万円
○会津坂下町テレワークセンター建設事業
109百万円

主な地域開発区域指定状況

( )は経過措置
辺地・準過疎・豪雪・農産

人口・世帯数

区分

人口

うち15歳
未満人口

うち65歳以上
高齢者人口

世帯数

うち高齢者
単身世帯数

H12年国調 19,426人 3,141人 5,129人 5,489世帯 375世帯
H17年国調 18,274人 2,672人 5,165人 5,385世帯 439世帯
H22年国調 17,360人 2,342人 5,126人 5,371世帯 500世帯
H27年国調 16,303人 1,944人 5,210人 5,391世帯 570世帯
H2.1.1住基 15,768人 1,667人 5,552人 5,940世帯

面積

人口密度

高齢化率

91.59km2 172人/km2 35.21% 県下26位

産業別就業人口

(H27年国調)

第1次産業

第2次産業

第3次産業

(15.0%)
1,278人
(27.4%)
2,330人
(57.6%)
4,894人

 一人当り分配所得(H29年)

2,507千円 県下31位

選挙

 有権者数(R3.3.1現在)

/6,415人 /6,973人 /13,388人

 議員

(旧)法定上限/22人 条例定数/14人 現員/14人 任期/令和6年3月31日

 衆議院議員選挙区

第4区

沿革

昭30.4.1 合併 坂下町、若宮村、金上村、広瀬村、川西村、八幡村
昭35.8.1 境界変更 高郷村の一部

総合計画等の策定状況

名 称

第六次会津坂下町振興計画
策定年月日 令和元年11月5日
計画期間 令和2年度から令和11年度まで

組織機構

組織機構

一部事務組合等への加入状況

会津若松地方広域市町村圏整備組合

職員数

条例定数/212人
一般行政職員/112人 技能労務職員/0人
教育職員/20人 その他/34人
[企業職員、税務職員、福祉職員、看護・保健職員等のほか、1年を超えて勤務する定数外職員を含む。]

H29 H30 R1 R2
職員総数 178人 171人 170人 165人

財政(普通会計)

(1)決算(千円)

区分 歳入 歳出 形式収支 実質収支
H29決算 7,674,693 7,543,339 131,354 124,981
H30決算 7,456,645 7,120,468 336,177 327,341
R1決算 7,486,061 7,199,790 286,271 244,903
区分 実質
単年度収支
積立金現在高 うち
財政調整基金
地方債現在高
H29決算 ▲103,304 382,904 20,534 9,695,044
H30決算 277,326 418,702 95,500 9,140,152
R1決算 131,394 658,190 309,332 8,526,376
区分 翌年度以降債務
負担行為残高
H29決算 559,965
H30決算 400,567
R1決算 257,277

(2)指標( )は類似団体(千円・%)

区分 標準財政規模 財政力指数 経常収支比率
H29決算 (5,538,135)
4,816,703
(0.47)
0.38
(87.3)
90.2
H30決算 (5,519,623)
4,821,841
(0.47)
0.38
(87.7)
90.2
R1決算 (5,508,740)
4,808,699
(0.48)
0.38
(87.8)
89.5
区分 健全化判断比率
実質赤字比率 連結実質
赤字比率
実質公債費比率 将来負担比率
H29決算 (8.9)
13.9
105.9
H30決算 (8.9)
13.7
97.3
R1決算 (8.8)
13.3
87.4
区分 資金不足比率
比率 備考(事業名等)
H29決算
H30決算
R1決算

(3)主な歳入( )は構成比(千円・%)

区分 地方税 地方交付税 国庫支出金 県支出金
H29決算 (21.2)
1,624,007
(37.0)
2,838,937
(7.6)
579,622
(10.1)
771,548
H30決算 (21.6)
1,607,178
(37.7)
2,812,526
(6.6)
494,601
(9.8)
730,054
R1決算 (21.8)
1,630,772
(38.0)
2,844,606
(7.5)
562,212
(8.5)
633,092
区分 地方債 その他
H29決算 (8.0)
610,653
(16.1)
1,249,926
(100.0)
7,674,693
H30決算 (7.7)
573,660
(16.6)
1,238,626
(100.0)
7,456,645
R1決算 (6.8)
509,304
(17.4)
1,306,075
(100.0)
7,486,061

(4)主な歳出( )は構成比(千円・%)

区分 人件費 物件費 補助費等 扶助費
H29決算 (17.5)
1,321,713
(16.8)
1,268,050
(14.8)
1,112,958
(9.0)
677,058
H30決算 (17.7)
1,263,270
(16.4)
1,167,164
(15.2)
1,082,746
(9.2)
658,253
R1決算 (17.4)
1,251,058
(15.4)
1,111,699
(14.3)
1,031,960
(9.6)
691,573
区分 公債費 普通建設事業費 その他
H29決算 (16.0)
1,208,231
(7.9)
593,213
(18.0)
1,362,116
(100.0)
7,543,339
H30決算 (16.9)
1,200,472
(7.5)
536,222
(17.1)
1,212,341
(100.0)
7,120,468
R1決算 (16.4)
1,182,866
(7.5)
542,017
(19.4)
1,388,617
(100.0)
7,199,790

(5)税の徴収率(%)(国民健康保険税除く)


現 年
課税分
滞 納
繰越分
現年課税分のうち
市(町村)民税 固定資産税
H30決算 99.2 31.8 97.3 99.1 99.0
R1決算 99.1 25.4 97.4 99.1 98.9

公共施設整備状況

道路延長 都市公園
面  積
公営住宅等 幼稚園
(認定こども園)
小学校
354,850m 256,793m2 402戸 2園
(−園)
313人
(−人)
2校
678人

中学校 高等学校 短大・大学 老 人
ホーム
公民館
1校
382人
2校
385人
−校
−人
−所 7館

集会施設 診療所 病院 道 路
改良率
道 路
舗装率
4所
582m2
16所
−床
1院
177床
55.8% 75.8%

永久橋
比 率
上水道
普及率
下水道
普及率
   
97.2% 94.4% 43.9%    

公営企業(R1決算)

※( )は法適用企業にあっては経常損益、法非適用企業は実質収支(千円)
(法適用)
上水道事業(25,265)
(法非適用)
公共下水道(0)、農集排(0)

主な郷土出身者

斎藤 清(版画家)・春日 八郎(歌手)・小林 五浪(日本画家)・高橋 藤園(書道家)・猪俣 公章(作曲家)・大堀 勉(医師)

今後の主要課題

(震災以外)
○坂下東第一土地区画整理事業
○公共下水道事業
○生活路線バス維持対策事業
(特色ある施策)
○子育てふれあい交流センター事業
○「人の駅・川の駅・道の駅」活用事業
○地域づくり推進事業
(姉妹都市)
埼玉県北本市

主な立地企業

会津プレス工業㈱、アルトン工業㈱、坂下電子光学㈱、マタイ東北㈱福島工場、八州ゴム工業㈱、㈱ヤシマテック、㈱ヤマト光学、㈱弥満和プレシジョン会津工場、㈱太郎庵、会津中央乳業㈱、㈱北越マテリアル、牛川電子㈱、サトー工業㈱、小島工業㈱、㈱安秀会津、㈲広瀬精密

TOPページへ市町村一覧へ