福島県市町村要覧2021
章

27 猪苗代町

コード番号 074080 類型 Ⅳ−2 

所在地/〒969−3123 耶麻郡猪苗代町字城南100番地
所在地標高/海抜 521.60m
TEL/0242−62−2111
FAX/0242−62−5175
URL/https://www.town.inawashiro.fukushima.jp/
キャッチフレーズ/ともに地域を育て、みんなが心地よく暮らせるまち 猪苗代
花木鳥/サギソウ ナナカマド ハクチョウ
PRキャラクター/ひでよくん PRキャラクター

三役、議長・副議長

区分

氏名

任期満了日

町長(3期) 前後 公
(ぜんご ひろし)
令和5年6月25日
副町長 渡部 昭
(わたなべ あきら)
令和5年8月12日
議長 渡辺 真一郎
(わたなべ しんいちろう)
令和6年2月29日
副議長 金本 久美子
(かねもと くみこ)
令和6年2月29日

概要

(自然条件)
 本町は、福島県のほぼ中央に位置する猪苗代湖の北岸に面し、東西北の三方を秀峰会津磐梯山をはじめとする山々に囲まれ、山と湖の織りなす雄大で美しい自然に包まれている。気候は日本海式気候で、内陸型の積雪寒冷地帯に属している。

(産業・経済)
 米の生産調整対策に伴う転作作物としてのそばを地域の特産物とし、農業の振興に努めている。また中心市街地活性化のため、魅力ある商店街づくりを推進している。

(観光・文化)
 磐梯山や猪苗代湖、世界に知られる医学者野口英世博士の生家などが保存・展示されている野口英世記念館など、名所・旧跡を多数有し、四季を通じてさまざまな魅力を堪能できる県内有数のオールシーズン型の観光リゾート地である。

(伝統行事・伝統芸能)
 初市(十三日市1月13日)、小平潟天満宮初天神(1月25日)、西久保彼岸獅子(3月14日〜24日)、磐梯山山開き(5月下旬)、磐梯まつり(7月下旬)

(特産品)
 そば、ブランド米「いなわしろ天のつぶ」、磐梯トマト、アスパラ、あげまんじゅう、天ぷらまんじゅう、笹だんご、日本酒、地ビール、しょうが加工品、中ノ沢こけし


R3年度重点事業

(震災以外)
○統合中学校整備事業

1,632百万円
○ホストタウン及びオリンピック・パラリンピック関連事業
17百万円
○防災まちづくり事業
17百万円
○結婚新生活支援事業
1百万円
○地域創生総合支援事業
11百万円
○河川管理関連事業
27百万円
○ICT教育支援事業
2百万円
○鳥獣害対策事業
9百万円
(震災関連)
○教育旅行支援事業

35百万円

主な地域開発区域指定状況

( )は経過措置
辺地・過疎・山村・特豪・農産・特農

人口・世帯数

区分

人口

うち15歳
未満人口

うち65歳以上
高齢者人口

世帯数

うち高齢者
単身世帯数

H12年国調 18,178人 2,823人 4,750人 5,272世帯 353世帯
H17年国調 17,009人 2,362人 5,004人 5,076世帯 418世帯
H22年国調 15,805人 1,948人 4,890人 4,954世帯 481世帯
H27年国調 15,037人 1,781人 5,109人 4,939世帯 579世帯
H2.1.1住基 13,951人 1,467人 5,253人 5,314世帯

面積

人口密度

高齢化率

394.85km2 35人/km2 37.65% 県下15位

産業別就業人口

(H27年国調)

第1次産業

第2次産業

第3次産業

(12.6%)
923人
(19.7%)
1,446人
(67.8%)
4,984人

 一人当り分配所得(H29年)

2,435千円 県下34位

選挙

 有権者数(R3.3.1現在)

/5,800人 /6,251人 /12,051人

 議員

(旧)法定上限/22人 条例定数/15人 現員/15人 任期/令和6年2月29日

 衆議院議員選挙区

第4区

沿革

昭30.3.1 合体 猪苗代町 千里村 吾妻村 月輪村 翁島村
昭30.7.20 編入 長瀬村

総合計画等の策定状況

名 称

第七次猪苗代町振興計画
策定年月日 平成29年4月1日
計画期間 平成29年度から令和8年度まで

組織機構

組織機構

一部事務組合等への加入状況

会津若松地方広域市町村圏整備組合
磐梯町外一市二町一ヶ村組合

職員数

条例定数/178人
一般行政職員/105人 技能労務職員/0人
教育職員/20人 その他/46人
[企業職員、税務職員、福祉職員、看護・保健職員等のほか、1年を超えて勤務する定数外職員を含む。]

H29 H30 R1 R2
職員総数 171人 173人 175人 172人

財政(普通会計)

(1)決算(千円)

区分 歳入 歳出 形式収支 実質収支
H29決算 8,148,473 7,868,746 279,727 265,193
H30決算 8,025,493 7,714,813 310,680 302,712
R1決算 8,239,274 7,891,364 347,910 330,504
区分 実質
単年度収支
積立金現在高 うち
財政調整基金
地方債現在高
H29決算 ▲48,786 1,521,086 798,712 9,147,978
H30決算 88,147 1,660,126 849,340 8,803,260
R1決算 21,806 1,801,856 843,354 8,543,835
区分 翌年度以降債務
負担行為残高
H29決算 9,068
H30決算 10,068
R1決算 8,036

(2)指標( )は類似団体(千円・%)

区分 標準財政規模 財政力指数 経常収支比率
H29決算 (5,098,475)
5,230,901
(0.54)
0.39
(89.6)
89.4
H30決算 (5,102,126)
5,200,413
(0.55)
0.39
(90.1)
90.2
R1決算 (5,137,977)
5,236,319
(0.54)
0.39
(90.7)
90.6
区分 健全化判断比率
実質赤字比率 連結実質
赤字比率
実質公債費比率 将来負担比率
H29決算 (8.0)
9.4
66.4
H30決算 (7.9)
10.3
58.9
R1決算 (7.7)
10.7
54.0
区分 資金不足比率
比率 備考(事業名等)
H29決算
H30決算
R1決算

(3)主な歳入( )は構成比(千円・%)

区分 地方税 地方交付税 国庫支出金 県支出金
H29決算 (23.3)
1,900,116
(38.9)
3,171,669
(5.1)
419,637
(6.1)
494,342
H30決算 (23.5)
1,886,282
(39.0)
3,132,713
(5.8)
464,207
(6.1)
490,110
R1決算 (22.3)
1,833,962
(39.3)
3,235,824
(5.9)
484,617
(8.9)
732,094
区分 地方債 その他
H29決算 (9.6)
780,339
(17.0)
1,382,370
(100.0)
8,148,473
H30決算 (7.5)
602,152
(18.1)
1,450,029
(100.0)
8,025,493
R1決算 (8.3)
687,543
(15.3)
1,265,234
(100.0)
8,239,274

(4)主な歳出( )は構成比(千円・%)

区分 人件費 物件費 補助費等 扶助費
H29決算 (18.6)
1,459,726
(16.0)
1,258,942
(15.1)
1,191,775
(7.5)
591,714
H30決算 (19.4)
1,498,330
(16.5)
1,275,732
(15.1)
1,165,430
(7.6)
586,589
R1決算 (18.9)
1,489,858
(15.7)
1,239,095
(14.0)
1,102,879
(7.6)
598,501
区分 公債費 普通建設事業費 その他
H29決算 (12.8)
1,006,271
(9.7)
760,381
(20.3)
1,599,937
(100.0)
7,868,746
H30決算 (13.1)
1,008,483
(7.9)
606,400
(20.4)
1,573,849
(100.0)
7,714,813
R1決算 (12.7)
998,506
(11.9)
937,494
(19.2)
1,525,031
(100.0)
7,891,364

(5)税の徴収率(%)(国民健康保険税除く)


現 年
課税分
滞 納
繰越分
現年課税分のうち
市(町村)民税 固定資産税
H30決算 96.7 15.2 87.0 98.9 95.0
R1決算 94.8 14.9 85.0 98.7 92.0

公共施設整備状況

道路延長 都市公園
面  積
公営住宅等 幼稚園
(認定こども園)
小学校
232,483m 186,635m2 340戸 −園
(2園)
−人
(350人)
6校
616人

中学校 高等学校 短大・大学 老 人
ホーム
公民館
3校
294人
1校
94人
−校
−人
−所 −館

集会施設 診療所 病院 道 路
改良率
道 路
舗装率
63所
2,279m2
13所
19床
1院
65床
69.4% 78.5%

永久橋
比 率
上水道
普及率
下水道
普及率
   
100.0% 96.8% 71.7%    

公営企業(R1決算)

※( )は法適用企業にあっては経常損益、法非適用企業は実質収支(千円)
(法適用)
上水道事業(33,131)、病院事業(▲40)
(法非適用)
公共下水道(5,624)、特環下水(2,331)、農集排(3,834)

主な郷土出身者

野口英世(医学博士)・鈴木猛史(ソチ冬季パラリンピックアルペンスキー回転座位金メダリスト)・野口勝宏(写真家)

今後の主要課題

(震災以外)
○すべての町民が安全・安心に暮らせるまち
○豊かな自然を活かした産業が活気づくまち
○誰もがいつまでも住み続けたいまち
○まちのみらいを担うような人材の育成に取り組むまち
○連携の範囲を拡大させ、町全体で協働するまち
(特色ある施策)
○きめ細やかな子育て支援
○観光まちづくりの推進
○地域産業の振興
○教育の充実
○住民参加の推進
(姉妹都市)

主な立地企業

東北シール工業㈱・東信建設工業㈱・渡部産業㈱・長治観光㈱・㈱ボナリ高原ゴルフクラブ

TOPページへ市町村一覧へ