福島県市町村要覧2021
章

16 川俣町

コード番号 073083 類型 Ⅲ−1 

所在地/〒960−1492 伊達郡川俣町字五百田30番地
所在地標高/海抜 201.20m
TEL/024−566−2111
FAX/024−566−2438
URL/http://www.town.kawamata.lg.jp
キャッチフレーズ/みんなでつくる元気いっぱい笑顔いっぱいのまちかわまた
花木鳥/ヤマツツジ カエデ ウグイス
PRキャラクター/小手姫様 PRキャラクター

三役、議長・副議長

区分

氏名

任期満了日

町長(1期) 藤原 一二
(ふじわら いちじ)
令和7年2月25日
副町長 大江 孝治
(おおえ たかはる)
令和7年3月31日
議長 高橋 道也
(たかはし みちや)
令和5年11月19日
副議長 村上 源吉
(むらかみ げんきち)
令和5年11月19日

概要

(自然条件)
 阿武隈山地西斜面の丘陵地帯にあり、伊達郡南部に位置し、西は福島市(旧飯野町)、北は伊達市(旧月舘町)に接し、福島市の東南21.5km県都周辺の主要な地区拠点として存立する。気候は比較的温暖で積雪量も少なく、降雨量も県平均なみで気象的に恵まれている。

(産業・経済)
 本町は、古くから絹織物・羽二重の輸出産地として栄え、織物業は県内生産高の大半を占め町産業の中核をなしてきた。近年は、縫製、電気、機械など各種の事業所が設立され社会経済の進展や地域の発展に調和した工業振興が推進されている。

(観光・文化)
 「織物展示館」…道の駅川俣内の施設。絹の町川俣の歴史を伝える。「からりこ館」…道の駅川俣内の施設。織物体験・染物体験ができる。「駒ザクラ」…樹齢500年を超える巨木。町天然記念物。「羽山の森美術館」…廃校となった小学校を利用して作られた美術館。川俣町ゆかりの画家の作品を中心に展示している。「おじまふるさと交流館」…廃校となった小学校を利用して作られた宿泊施設。集団宿泊学習の受け入れや自然体験活動の機会を提供する。「コスキン・エン・ハポン」…日本最大の中南米音楽祭。全国のフォルクローレ愛好家が集い、3昼夜にわたって演奏を繰り広げる。

(伝統行事・伝統芸能)
 「からりこフェスタ」…8月14日に開催される商工会主催の夏祭り。「春日神社祭礼」…10月第3週の土、日。「コスキン・エン・ハポン」…10月の体育の日を含む土〜月の3日間。「絹市」…10月の最終土、日。

(特産品)
 川俣シャモ、絹製品(スカーフ、ネクタイ、ショーツ等)、乳製品(天然アイスクリーム、生チーズ、低温殺菌牛乳等)、にがり豆腐、農産物(タラノメ、チェリートマト、シイタケ)、かや糖


R3年度重点事業

(震災以外)
〇新型コロナウイルスワクチン接種事業

93百万円
〇遠隔診療体制構築実証事業
8百万円
〇川俣町体育館災害復旧工事
2百万円
〇農地中間管理機構集積協力金交付事業
33百万円
〇移住・定住促進事業
1百万円
〇中央公民館耐震補強・施設改修事業
654百万円
〇小学校再編事業費
100百万円
〇かわまた認定こども園開設準備
33百万円
〇住民票及び印鑑証明のコンビニ交付
15百万円
〇新型コロナウイルスワクチン接種送迎バス事業
1百万円
(震災関連)
〇水稲生産流通拠点整備事業

285百万円

主な地域開発区域指定状況

( )は経過措置
辺地・過疎・山村・農産・特農

人口・世帯数

区分

人口

うち15歳
未満人口

うち65歳以上
高齢者人口

世帯数

うち高齢者
単身世帯数

H12年国調 17,751人 2,551人 4,594人 5,306世帯 377世帯
H17年国調 17,034人 2,121人 4,943人 5,351世帯 446世帯
H22年国調 15,569人 1,761人 4,941人 5,179世帯 548世帯
H27年国調 14,452人 1,327人 5,249人 5,515世帯 731世帯
H2.1.1住基 12,997人 1,035人 5,257人 5,448世帯

面積

人口密度

高齢化率

127.70km2 102人/km2 40.45% 県下11位

産業別就業人口

(H27年国調)

第1次産業

第2次産業

第3次産業

(5.1%)
349人
(43.3%)
2,971人
(51.7%)
3,547人

 一人当り分配所得(H29年)

2,290千円 県下47位

選挙

 有権者数(R3.3.1現在)

/5,735人 /5,781人 /11,516人

 議員

(旧)法定上限/22人 条例定数/12人 現員/12人 任期/令和5年11月19日

 衆議院議員選挙区

第1区

沿革

昭30.3.1合併 川俣町 飯坂村 大綱木村 富田村 福田村 小島村 山木屋村 小綱木村

総合計画等の策定状況

名 称

第5次川俣町振興計画
策定年月日 平成22年9月14日
計画期間 平成23年度から令和4年度まで

組織機構

組織機構

一部事務組合等への加入状況

伊達地方衛生処理組合
伊達地方消防組合
川俣方部衛生処理組合
福島地方水道用水供給企業団

職員数

条例定数/180人
一般行政職員/106人 技能労務職員/0人
教育職員/5人 その他/20人
[企業職員、税務職員、福祉職員、看護・保健職員等のほか、1年を超えて勤務する定数外職員を含む。]

H29 H30 R1 R2
職員総数 135人 131人 132人 132人

財政(普通会計)

(1)決算(千円)

区分 歳入 歳出 形式収支 実質収支
H29決算 11,922,510 11,246,253 676,257 282,350
H30決算 10,409,884 9,873,255 536,629 276,815
R1決算 10,684,746 9,815,936 868,810 480,651
区分 実質
単年度収支
積立金現在高 うち
財政調整基金
地方債現在高
H29決算 271,813 2,712,657 1,312,437 6,667,467
H30決算 120,678 2,522,238 1,579,825 6,695,533
R1決算 ▲108,517 2,153,158 1,405,880 7,071,241
区分 翌年度以降債務
負担行為残高
H29決算 488,559
H30決算 490,320
R1決算 276,425

(2)指標( )は類似団体(千円・%)

区分 標準財政規模 財政力指数 経常収支比率
H29決算 (4,375,802)
4,079,810
(0.47)
0.38
(87.8)
91.3
H30決算 (4,343,856)
4,080,303
(0.47)
0.39
(88.6)
90.6
R1決算 (4,420,038)
4,091,761
(0.48)
0.39
(88.6)
91.5
区分 健全化判断比率
実質赤字比率 連結実質
赤字比率
実質公債費比率 将来負担比率
H29決算 (9.1)
3.1
58.7
H30決算 (9.1)
3.9
37.8
R1決算 (9.2)
4.3
16.9
区分 資金不足比率
比率 備考(事業名等)
H29決算
H30決算
R1決算

(3)主な歳入( )は構成比(千円・%)

区分 地方税 地方交付税 国庫支出金 県支出金
H29決算 (10.1)
1,203,463
(34.7)
4,134,004
(22.3)
2,654,969
(16.6)
1,982,994
H30決算 (12.2)
1,267,465
(27.9)
2,900,025
(16.1)
1,675,749
(19.4)
2,024,553
R1決算 (11.5)
1,227,852
(31.7)
3,382,611
(14.2)
1,519,000
(18.0)
1,928,309
区分 地方債 その他
H29決算 (5.1)
603,685
(11.2)
1,343,395
(100.0)
11,922,510
H30決算 (4.8)
494,600
(19.6)
2,047,492
(100.0)
10,409,884
R1決算 (8.2)
880,416
(16.4)
1,746,558
(100.0)
10,684,746

(4)主な歳出( )は構成比(千円・%)

区分 人件費 物件費 補助費等 扶助費
H29決算 (9.4)
1,053,086
(23.4)
2,636,408
(7.7)
862,528
(5.1)
572,958
H30決算 (10.6)
1,047,492
(15.6)
1,544,441
(10.1)
992,979
(5.7)
565,770
R1決算 (10.7)
1,047,883
(17.1)
1,682,799
(14.0)
1,374,585
(5.9)
574,549
区分 公債費 普通建設事業費 その他
H29決算 (4.4)
489,598
(34.0)
3,818,619
(16.0)
1,813,056
(100.0)
11,246,253
H30決算 (5.1)
505,257
(36.5)
3,608,101
(16.4)
1,609,215
(100.0)
9,873,255
R1決算 (5.5)
538,340
(27.3)
2,681,704
(19.5)
1,916,076
(100.0)
9,815,936

(5)税の徴収率(%)(国民健康保険税除く)


現 年
課税分
滞 納
繰越分
現年課税分のうち
市(町村)民税 固定資産税
H30決算 98.5 22.4 95.2 98.3 98.5
R1決算 98.8 26.3 95.4 98.9 98.5

公共施設整備状況

道路延長 都市公園
面  積
公営住宅等 幼稚園
(認定こども園)
小学校
318,472m 60,977m2 315戸 5園
(−園)
65人
(−人)
6校
422人

中学校 高等学校 短大・大学 老 人
ホーム
公民館
2校
274人
1校
88人
−校
−人
−所 10館

集会施設 診療所 病院 道 路
改良率
道 路
舗装率
44所
9,932m2
12所
−床
1院
9床
56.9% 79.9%

永久橋
比 率
上水道
普及率
下水道
普及率
   
96.2% 82.8% 0.0%    

公営企業(R1決算)

※( )は法適用企業にあっては経常損益、法非適用企業は実質収支(千円)
(法適用)
上水道事業(20,420)
(法非適用)
簡易水道(1,844)、宅地造成(0)

主な郷土出身者

佐久間勝彦(ウエイトリフティング選手)バルセロナ五輪5位入賞

今後の主要課題

(震災以外)
○企業誘致
○人口減少と少子高齢化への対応
○多様化する消費者ニーズへの対応
○高度情報化への対応
○地方行財政の効率化

(震災関連)
○営農再開に向けた支援
○風評の払拭
○防災対策の推進
○生活環境の整備
(特色ある施策)
○協働と地域間交流による活力あるまちづくり
○積極的な子育て支援の推進
○教育への積極的な取り組み
○産業の活性化と雇用の創出
○中心市街地の活性化
(姉妹都市)

主な立地企業

㈱日ピス福島製造所・野地㈱・アサヒ通信㈱・NOKメタル㈱・㈱キャンデーヤパン店・㈱フクシマフロンティアヒグチ・グリム・エナジー㈱・古関㈱・㈲シュガーソーイング・川俣精機㈱・㈱デンザイ・ベルグ福島㈱・ミツフジ福島工場

TOPページへ市町村一覧へ