福島県市町村要覧2021
章

11 南相馬市

コード番号 072125 類型 Ⅱ−2 

所在地/〒975−8686 南相馬市原町区本町二丁目27番地
所在地標高/海抜 25.50m
TEL/0244−22−2111
FAX/0244−24−5214
URL/http://www.city.minamisoma.lg.jp
キャッチフレーズ/みんなでつくる かがやきとやすらぎのまち 南相馬
         〜復興から発展へ〜
花木鳥魚昆虫/さくら けやき ひばり さけ ほたる

三役、議長・副議長

区分

氏名

任期満了日

市長(2期) 門馬 和夫
(もんま かずお)
令和8年1月28日
副市長 林 秀之
(はやし ひでゆき)
令和4年3月31日
副市長 常木 孝浩
(つねき たかひろ)
令和6年3月31日
議長 中川 庄一
(なかがわ しょういち)
令和4年11月30日
副議長 田中 一正
(たなか いっせい)
令和4年11月30日

概要

(自然条件)
 福島県の太平洋沿岸の北部に位置し、西に阿武隈山系が縦走する東方に開かれた緩斜地で、面積398.5平方キロという広大な地域を有する。年間平均気温が12℃前後で、夏は涼しく、冬は降雪の少ない温暖な地域である。

(産業・経済)
 田園都市として産業・経済集積は浜通り地方北部最大である。農業は水稲を主体に畜産、野菜などが盛んであるが、原発事故による水稲作付制限から営農再開に向け、水稲作付の拡大が進んできている。工業は金属機械加工、一般機械、紙・パルプを中心に多様な業種が展開され、農商工一体の産業振興を図っている。

(観光・文化)
 春には桜、秋には紅葉を市内各所で見ることができ、また、一年を通して北泉海岸でサーフィンが行われており、自然豊かで気候に恵まれている。
 市内には、相馬野馬追とかかわりの深い文化財のほか、大悲山の石仏や桜井古墳、真野古墳群などの国指定史跡が多く存在する。

(伝統行事・伝統芸能)
 相馬野馬追(毎年7月末の土、日、月曜日)、日吉神社浜下り(申年の4月開催)、鹿島御子神社火伏せ祭(毎年1月第2土・日曜日)

(特産品)
 地酒「御本陣」、みそ、トマト、鮭、米、麦、大豆、ブロッコリー、梨、牛、ナタネ、トウガラシ

(区域指定の現状等)
 原発事故の影響により、一部が帰還困難区域に指定されている。


R3年度重点事業

(震災以外)
〇不妊治療費等助成事業

6百万円
〇多子世帯子育て応援支援金支給事業
27百万円
〇出会い応援・創出事業
9百万円
〇創業者支援事業助成金
18百万円
〇ようこそ赤ちゃん誕生祝い品支給事業
10百万円
〇外国人活躍推進事業
37百万円
〇スポーツセンター大規模改修事業
609百万円
〇定額タクシー事業
24百万円
(震災関連)
〇住宅購入等世帯定住促進事業奨励金

60百万円
〇旧避難指示区域移住定住促進事業
5百万円
〇ロボット実証実験支援事業助成金
14百万円
〇鳥獣被害防止緊急対策事業
181百万円

主な地域開発区域指定状況

( )は経過措置
山村・農産・原発

人口・世帯数

区分

人口

うち15歳
未満人口

うち65歳以上
高齢者人口

世帯数

うち高齢者
単身世帯数

H12年国調 75,246人 11,361人 16,451人 22,647世帯 1,239世帯
H17年国調 72,837人 10,371人 17,836人 23,003世帯 1,679世帯
H22年国調 70,878人 9,649人 18,809人 23,640世帯 1,837世帯
H27年国調 57,797人 4,885人 18,452人 25,944世帯 2,392世帯
H2.1.1住基 59,830人 5,628人 21,037人 24,141世帯

面積

人口密度

高齢化率

398.58km2 150人/km2 35.16% 県下27位

産業別就業人口

(H27年国調)

第1次産業

第2次産業

第3次産業

(4.3%)
1,232人
(42.1%)
11,976人
(53.6%)
15,264人

 一人当り分配所得(H29年)

3,360千円 県下3位

選挙

 有権者数(R3.3.1現在)

/25,982人 /26,183人 /52,165人

 議員

(旧)法定上限/30人 条例定数/22人 現員/22人 任期/令和4年11月30日

 衆議院議員選挙区

第1区

沿革

昭29.3.20合併(市制施行) 原町、高平村、太田村、大甕村
昭29.3.31 合体 鹿島町、八沢村、真野村、上真野村
昭29.3.31 合体 小高町 金房村 福浦村
昭31.9.30編入 石神村
平18.1.1 小高町、鹿島町、原町市が合併により南相馬市となる。

総合計画等の策定状況

名 称

南相馬市復興総合計画後期基本計画
策定年月日 平成31年1月25日
計画期間 令和元年度から令和4年度まで

組織機構

組織機構

一部事務組合等への加入状況

福島県市民交通災害共済組合
相馬地方広域市町村圏組合
相馬地方広域水道企業団

職員数

条例定数/1,016人
一般行政職員/494人 技能労務職員/41人
教育職員/24人 その他/318人
[企業職員、税務職員、福祉職員、看護・保健職員等のほか、1年を超えて勤務する定数外職員を含む。]

H29 H30 R1 R2
職員総数 905人 924人 907人 877人

財政(普通会計)

(1)決算(千円)

区分 歳入 歳出 形式収支 実質収支
H29決算 73,771,555 67,551,857 6,219,698 3,151,387
H30決算 63,756,257 57,861,816 5,894,441 1,448,415
R1決算 63,035,316 53,885,803 9,149,513 1,308,004
区分 実質
単年度収支
積立金現在高 うち
財政調整基金
地方債現在高
H29決算 1,118,230 37,264,936 4,123,063 30,007,949
H30決算 ▲1,556,984 32,814,700 4,261,371 29,188,542
R1決算 ▲606,947 28,487,170 3,794,835 28,380,224
区分 翌年度以降債務
負担行為残高
H29決算 2,413,821
H30決算 4,477,329
R1決算 3,387,075

(2)指標( )は類似団体(千円・%)

区分 標準財政規模 財政力指数 経常収支比率
H29決算 (17,195,278)
18,102,949
(0.74)
0.66
(91.6)
93.8
H30決算 (17,129,083)
18,044,814
(0.74)
0.67
(91.4)
90.4
R1決算 (17,213,000)
18,009,327
(0.73)
0.68
(92.0)
96.3
区分 健全化判断比率
実質赤字比率 連結実質
赤字比率
実質公債費比率 将来負担比率
H29決算 (7.2)
9.1
H30決算 (6.9)
8.3
R1決算 (6.6)
9.3
区分 資金不足比率
比率 備考(事業名等)
H29決算
H30決算
R1決算

(3)主な歳入( )は構成比(千円・%)

区分 地方税 地方交付税 国庫支出金 県支出金
H29決算 (12.0)
8,875,443
(18.6)
13,756,942
(12.2)
8,987,663
(26.9)
19,824,014
H30決算 (15.1)
9,657,675
(18.4)
11,744,404
(12.8)
8,176,527
(12.8)
8,157,896
R1決算 (15.2)
9,599,376
(19.7)
12,415,730
(11.0)
6,914,979
(11.3)
7,137,131
区分 地方債 その他
H29決算 (2.5)
1,877,229
(27.8)
20,450,264
(100.0)
73,771,555
H30決算 (3.2)
2,030,964
(37.7)
23,988,791
(100.0)
63,756,257
R1決算 (3.4)
2,151,649
(39.4)
24,816,451
(100.0)
63,035,316

(4)主な歳出( )は構成比(千円・%)

区分 人件費 物件費 補助費等 扶助費
H29決算 (6.9)
4,643,148
(35.4)
23,903,852
(8.5)
5,745,512
(6.2)
4,176,688
H30決算 (8.0)
4,623,361
(16.6)
9,580,725
(14.4)
8,346,630
(6.9)
3,973,923
R1決算 (9.0)
4,834,785
(18.0)
9,722,610
(15.7)
8,474,272
(7.7)
4,162,652
区分 公債費 普通建設事業費 その他
H29決算 (4.5)
3,023,165
(16.8)
11,365,916
(21.7)
14,693,576
(100.0)
67,551,857
H30決算 (5.3)
3,084,002
(21.4)
12,373,896
(27.4)
15,879,279
(100.0)
57,861,816
R1決算 (5.9)
3,161,229
(13.2)
7,128,650
(30.5)
16,401,605
(100.0)
53,885,803

(5)税の徴収率(%)(国民健康保険税除く)


現 年
課税分
滞 納
繰越分
現年課税分のうち
市(町村)民税 固定資産税
H30決算 99.1 15.7 95.7 98.7 99.3
R1決算 99.1 13.4 95.5 98.8 99.3

公共施設整備状況

道路延長 都市公園
面  積
公営住宅等 幼稚園
(認定こども園)
小学校
1,278,461m 599,346m2 1,397戸 15園
(2園)
594人
(160人)
15校
2,011人

中学校 高等学校 短大・大学 老 人
ホーム
公民館
6校
1,178人
3校
1,201人
−校
−人
1所 9館

集会施設 診療所 病院 道 路
改良率
道 路
舗装率
89所
8,475m2
66所
64床
7院
1,315床
56.2% 63.4%

永久橋
比 率
上水道
普及率
下水道
普及率
   
97.8% 85.8% 61.8%    

公営企業(R1決算)

※( )は法適用企業にあっては経常損益、法非適用企業は実質収支(千円)
(法適用)
上水道事業(305,028)、病院事業(▲413,540)、工業用水(46,387)、公共下水(222,544)、特環下水(13,197)
(法非適用)
簡易水道(4,929)、農集排(31,877)、宅地造成(501)、介護サービス(0)

主な郷土出身者

今村文明(世界アマチュア囲碁選手権で3度優勝)・鎌田伖喜(元東京消防庁次長)・小山田惠(元全国自治体病院協議会会長)・福島近(画家)

今後の主要課題

(震災以外)
〇若い世代の移住・定住、
〇新型コロナウイルス感染症への対応
〇市民生活の安全・安心・快適な環境づくり
○子育て世代に選ばれるまち
○多様な人材が活躍するまち
○健康づくりが盛んなまち
〇一円融合のコミュニティづくり

(震災関連)
○旧避難指示区域の再生
○福島ロボットテストフィールドを核とした新産業創出と人材誘導
(特色ある施策)
○多子世帯・ひとり親世帯への支援
〇(仮称)外国人サポートセンターの設置
〇ロボットをはじめとする先端技術等を強み産業へ育成
〇魅力ある教育環境の推進
〇健康づくりアクションプランの推進
〇地域コミュニティの活性化
(姉妹都市)
米国オレゴン州ペンドルトン市

(友好都市)
鹿児島県瀬戸内町

主な立地企業

大内新興化学工業㈱、アズビル金門原町㈱、三和化学工業㈱、タニコー㈱、丸三製紙㈱、日本オートマチックマシン㈱、ノボル鋼鉄㈱、㈱日立パワーデバイス、㈱栄製作所、明治商工㈱、東北サッシ工業㈱、鹿島総業㈱、㈱福装21、加藤建材工業㈱、東和工業㈱、㈱菅野漬物食品、㈱以輪富、㈱TTK、㈲鹿島製作所、㈱友伸エンジニアリング、東北エコ・テクノ㈱、㈱タンポポ村、㈱三尾製作所、㈲協栄精機、㈱酒匂製作所、㈱大成、㈱高野精機、㈱菊池製作所、東北電力㈱原町火力発電所、㈱シマ商会、㈱タカワ精密、藤倉コンポジット㈱、㈱井部製作所、福島エコクリート㈱、㈱右川ゴム製造所、日本エンコン㈱

TOPページへ市町村一覧へ