福島県市町村要覧2021
章

3 郡山市

コード番号 072036 類型 中核市 

所在地/〒963−8601 郡山市朝日一丁目23番7号
所在地標高/海抜 245.00m
TEL/024−924−2491
FAX/024−924−0956
URL/https://www.city.koriyama.lg.jp
キャッチフレーズ/みんなの想いや願いを結び、未来(あす)へと
         つながるまち 郡山
花木鳥/ハナカツミ ヤマザクラ カッコウ
PRキャラクター/おんぷちゃん がくとくん PRキャラクター

三役、議長・副議長

区分

氏名

任期満了日

市長(3期) 品川 萬里
(しながわ まさと)
令和7年4月26日
副市長 村上 一郎
(むらかみ いちろう)
令和7年9月3日
副市長 菅野 利和
(かんの としかず)
令和5年3月31日
議長 塩田 義智
(しおた よしとも)
令和5年9月3日
副議長 但野 光夫
(ただの みつお)
令和5年9月3日

概要

(自然条件)
 福島県の中央に位置し、面積は757.20km2と広域で、西は奥羽山脈と猪苗代湖に接し、東は阿武隈山系、北は安達太良山を望み、市街地東部を阿武隈川が南北に貫流している。年平均気温は約12℃となっており、比較的穏やかな内陸性気候である。

(産業・経済)
 東北有数の商品販売額、製造品出荷額を誇る商工業都市であると同時に、米については生産量、食味ともに全国トップクラスを誇り、「農業・商業・工業」がバランスよく発展している。高速交通体系に恵まれた立地を生かし、農・商・工さらには観光を加えた基幹産業の整備に努めている。

(観光・文化)
 猪苗代湖の雄大な自然景観、多くの観光客が訪れる磐梯熱海温泉郷、張子の里高柴デコ屋敷、郡山布引風の高原など観光資源が豊富である。
 また、平成28年4月には、近代郡山発展の礎となった安積開拓にまつわるストーリー「未来を拓いた『一本の水路』−大久保利通“最期の夢”と開拓者の軌跡 郡山・猪苗代−」が県内初の日本遺産に認定された。
 文化面では、音楽活動が特に盛んで、多くの演奏会が市内で開催されているほか、毎年、市内小・中学校、高校の音楽関係部活動が全国大会で輝かしい成果を収めるなど、音楽都市こおりやまを全国に発信している。

(伝統行事・伝統芸能)
 如宝寺境内で行われる「七日堂まいり」、奈良時代の伝説を今に伝える「郡山うねめまつり」、山車みこしが街中を練り歩き活気あふれる「安積国造神社の秋まつり」、市指定文化財である中田町「柳橋の歌舞伎」、三穂田町「富岡の唐傘行灯花火」等多数。

(特産品)
 郡山産米「あさか舞」、ASAKAMAI887、うねめ牛、郡山の鯉、特選郡山梨、阿久津曲がりねぎ、布引高原大根、御前人参、高柴デコ屋敷の張子・三春駒、海老根伝統手漉和紙、奥州郡山いやしの福とんぼ、ブドウ蔓かご、味宿場郡山地酒探訪、蔵元焼酎吟粒、いも焼酎郡山太郎右エ門、たまござけ、OUSEPOIREJAPONAISE(梨のリキュール)、郡山産ワイン「VindeOllage(ヴァンデオラージュ)」


R3年度重点事業

(震災以外)
〇ニューノーマル対応支援補助金

75百万円
〇認可保育所等障がい児保育補助事業
50百万円
〇SDGs推進全世代健康都市圏事業
18百万円
〇新型コロナウイルス緊急支援給付金
264百万円
〇こおりやまスポーツイノベーション事業
61百万円
〇郡山市最高級ブランド米ASAKAMAI887消費拡大
12百万円
〇農業法人化・農福商工連携等の推進
52百万円
〇結婚出産の希望が叶う家庭づくり支援
126百万円
〇学校施設の機能改善とニューノーマル対応
2,191百万円
〇環状道路網の整備促進
772百万円
〇健康未来都市に向けたニューノーマル都市開発
1,248百万円
〇市役所DX化実現への集中投資
217百万円
(震災関連)
〇除去土壌等の搬出

758百万円

主な地域開発区域指定状況

( )は経過措置
山村・豪雪・特農

人口・世帯数

区分

人口

うち15歳
未満人口

うち65歳以上
高齢者人口

世帯数

うち高齢者
単身世帯数

H12年国調 334,824人 55,484人 52,131人 120,229世帯 5,122世帯
H17年国調 338,834人 52,002人 60,160人 126,382世帯 6,853世帯
H22年国調 338,712人 48,692人 67,956人 131,740世帯 8,847世帯
H27年国調 335,444人 41,865人 81,853人 138,310世帯 13,877世帯
R2.1.1住基 322,996人 40,315人 84,189人 141,760世帯

面積

人口密度

高齢化率

757.20km2 427人/km2 26.07% 県下58位

産業別就業人口

(H27年国調)

第1次産業

第2次産業

第3次産業

(3.2%)
4,550人
(25.5%)
36,734人
(71.4%)
102,817人

 一人当り分配所得(H29年)

2,992千円 県下14位

選挙

 有権者数(R3.3.1現在)

/131,995人 /138,774人 /270,769人

 議員

(旧)法定上限/46人 条例定数/38人 現員/38人 任期/令和5年9月3日

 衆議院議員選挙区

第2区

沿革

大13.9.1市制施行(編入小原田村)
昭29.11.1編入 富田村
昭30.1.1境界変更 高瀬村の一部
昭30.3.31編入 大槻町
昭30.11.1境界変更
三春町大字荒井、蒲倉
三穂田村の一部
昭30.11.15編入 岩江村の一部
昭40.5.1合体 郡山市、安積町、三穂田村、逢瀬村、片平村、喜久田村、日和田町、富久山町、湖南村、熱海町、田村町
昭40.8.1編入 西田村、中田村
昭45.11.1境界変更 須賀川市
平11.10.1境界確定変更 猪苗代湖

総合計画等の策定状況

名 称

郡山市まちづくり基本指針
策定年月日 平成30年2月2日
計画期間 平成30年度から令和7年度まで

組織機構

組織機構

一部事務組合等への加入状況

福島県市民交通災害共済組合
郡山地方広域消防組合

職員数

条例定数/2,488人
一般行政職員/1,258人 技能労務職員/142人
教育職員/28人 その他/627人
[企業職員、税務職員、福祉職員、看護・保健職員等のほか、1年を超えて勤務する定数外職員を含む。]

H29 H30 R1 R2
職員総数 2,073人 2,054人 2,039人 2,043人

財政(普通会計)

(1)決算(千円)

区分 歳入 歳出 形式収支 実質収支
H29決算 141,926,828 137,710,465 4,216,363 3,888,432
H30決算 134,837,697 129,987,800 4,849,897 3,985,470
R1決算 142,485,125 136,047,622 6,437,503 4,441,545
区分 実質
単年度収支
積立金現在高 うち
財政調整基金
地方債現在高
H29決算 ▲556,277 23,536,595 11,920,465 85,192,914
H30決算 1,697,131 25,156,338 13,520,558 82,684,551
R1決算 ▲2,133,834 21,090,303 10,930,649 80,881,494
区分 翌年度以降債務
負担行為残高
H29決算 5,746,055
H30決算 14,058,037
R1決算 13,047,663

(2)指標( )は類似団体(千円・%)

区分 標準財政規模 財政力指数 経常収支比率
H29決算 (84,957,100)
67,407,452
(0.80)
0.80
(92.2)
90.6
H30決算 (82,164,995)
68,306,533
(0.80)
0.82
(92.2)
88.3
R1決算 (80,552,043)
68,572,944
(0.80)
0.84
(92.8)
88.4
区分 健全化判断比率
実質赤字比率 連結実質
赤字比率
実質公債費比率 将来負担比率
H29決算 (6.1)
5.6
H30決算 (5.9)
5.0
R1決算 (5.7)
4.3
区分 資金不足比率
比率 備考(事業名等)
H29決算
H30決算
R1決算

(3)主な歳入( )は構成比(千円・%)

区分 地方税 地方交付税 国庫支出金 県支出金
H29決算 (33.6)
47,630,482
(8.5)
12,006,220
(12.9)
18,281,384
(17.1)
24,265,918
H30決算 (38.0)
51,282,388
(7.9)
10,704,663
(14.1)
18,994,581
(13.7)
18,473,245
R1決算 (36.1)
51,463,434
(7.9)
11,304,326
(12.9)
18,444,621
(15.0)
21,421,270
区分 地方債 その他
H29決算 (7.1)
10,115,600
(20.8)
29,627,224
(100.0)
141,926,828
H30決算 (5.1)
6,822,000
(21.2)
28,560,820
(100.0)
134,837,697
R1決算 (5.1)
7,206,550
(23.0)
32,644,924
(100.0)
142,485,125

(4)主な歳出( )は構成比(千円・%)

区分 人件費 物件費 補助費等 扶助費
H29決算 (11.0)
15,178,846
(14.0)
19,315,244
(8.5)
11,749,462
(17.3)
23,857,900
H30決算 (11.8)
15,324,173
(14.7)
19,103,474
(9.5)
12,338,372
(18.5)
23,999,520
R1決算 (11.5)
15,603,534
(16.1)
21,953,575
(9.1)
12,354,724
(19.0)
25,785,072
区分 公債費 普通建設事業費 その他
H29決算 (7.3)
10,090,973
(12.8)
17,656,261
(29.1)
39,861,779
(100.0)
137,710,465
H30決算 (7.6)
9,857,463
(7.9)
10,304,957
(30.0)
39,059,841
(100.0)
129,987,800
R1決算 (7.0)
9,459,153
(7.1)
9,598,591
(30.2)
41,292,973
(100.0)
136,047,622

(5)税の徴収率(%)(国民健康保険税除く)


現 年
課税分
滞 納
繰越分
現年課税分のうち
市(町村)民税 固定資産税
H30決算 99.1 22.5 96.5 98.8 99.2
R1決算 99.1 20.7 96.5 99.0 99.2

公共施設整備状況

道路延長 都市公園
面  積
公営住宅等 幼稚園
(認定こども園)
小学校
3,296,692m 3,466,200m2 3,759戸 31園
(3園)
4,926人
(504人)
52校
16,011人

中学校 義務教育学校 高等学校 短大・大学 老 人
ホーム
26校
8,457人
2校
427人
14校
10,244人
4校
6,475人
−所

公民館 集会施設 診療所 病院 道 路
改良率
92館 509所
46,625m2
410所
205床
22院
5,575床
66.3%

道 路
舗装率
永久橋
比 率
上水道
普及率
下水道
普及率
 
81.9% 99.4% 97.2% 77.9%  

公営企業(R1決算)

※( )は法適用企業にあっては経常損益、法非適用企業は実質収支(千円)
(法適用)
上水道事業(1,390,673)、工業用水(1,302)、公共下水(4,107)、特環下水(38)、農集排(22,350)
(法非適用)
簡易水道(0)、市場事業(0)、観光その他(542,078)、宅地造成(0)、駐車場整備(0)

主な郷土出身者

久米正雄(作家)・宮本百合子(作家)・三坂耿一郎(彫刻家)・今泉亀撤(医学博士)・坪井榮孝(医師)・佐藤静司(彫刻家)・湯浅譲二(作曲家)・本名徹次(指揮者)・西田敏行(俳優)・遠藤純男(柔道家)・箭内道彦(クリエイティブディレクター)

今後の主要課題

(震災以外)
○分野別将来構想
 Ⅰ 産業・仕事の未来
 Ⅱ 交流・観光の未来
 Ⅲ 学び育む子どもたちの未来
 Ⅳ 誰もが地域で輝く未来
 Ⅴ 暮らしやすいまちの未来
 基盤的取組 行政経営の効率化
       セーフコミュニティの活動の推進
       連携中枢都市圏構想の推進

(震災関連)
 横断的取組 復興・創生の更なる推進
(特色ある施策)
○SDGs未来都市の推進
○連携中枢都市圏の推進
○市役所DX化の実現
○防災コンパクト都市・流域治水
○中小企業等応援プロジェクト
○農業法人化支援・農福商工連携
○学校施設のニューノーマル化
(姉妹都市)
奈良県奈良市
福岡県久留米市
鳥取県鳥取市
オランダ王国ブルメン市

(友好都市)
茨城県つくば市

主な立地企業

日本化学工業㈱、保土谷化学工業㈱、日東紡績㈱、三菱電機㈱、日本電産コパル㈱、パナソニック㈱、日本全薬工業㈱、㈱東北村田製作所、フォルシアクラリオン・エレクトロニクス㈱、東北アンリツ㈱、福島アビオニクス㈱、曽田香料㈱、AGCエレクトロニクス㈱、鬼怒川ゴム工業㈱、東レプラスチック精工㈱、㈱ナルコ郡山、ノボノルディスクファーマ㈱、東京応化工業㈱、㈱小松製作所、信越石英㈱、白銅㈱、㈱読売新聞社、京セラ㈱、冨士ダイス㈱、三菱ケミカル㈱、㈱幸楽苑、㈱山王、㈱日本デジタル研究所、㈱トヨタユーゼック、東成イービー東北㈱、三甲㈱、ホーコス㈱、CYBERDYNE㈱、㈱ヨークベニマル、郡山ヒロセ電機㈱、ゼビオ㈱、東北アルクレッサ㈱、新日本電工㈱

TOPページへ市町村一覧へ